2011年12月01日

11.21-11.27の1曲

先週の朝の1曲たち

11.21 MON  ASIAN KUNG-FU GENERATION「転がる岩、君に朝が降る」
11.22 TUE  BREAKERZ「SUPER-HI-TENSION!!」
11.23 WED  
11.24 THU  
11.25 FRI  DREAMS COME TRUE「HIDE AND SEEK」
11.26 SAT  RIP SLYME「星に願いを」
11.27 SUN

だんだんとまとめるのが遅れてしまってきていますが、
ちゃんと週が変わったらすぐに更新したいと思います。

っていって、また遅れたらすみません。

この週は水曜が祝日だったので4曲だけですが、
見事にアーティストがばらけました。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONは、
なんか気持ち的にはけっこう前から聞いている気になっていたんだけど、
「サイレン」が発売されたのは2004年だそうで、
自分が学生時代から聞いていたわけではなかったのですね。

ボーカルの後藤さんは、今週から新聞を創刊するとか。

The Future Times」という名前だそうで、
いろいろなところで配布されているそうですので、
チェックしてみてはいかがでしょうか。

WEBサイトにもいろいろと書いていましたが、
なかなか面白かったです。

音楽の話というよりかは、
これからの社会のことを考えるっというテーマなんですけどね。

ぜひ一緒に考えましょう。


posted by KEIN at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝の1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

ROCK'A'TRENCHまとめ

ROCK'A'TRENCHが活動休止すると発表されたのは昨日のこと。

あれから頭の中をROCK'A'TRENCHの曲が流れ続けています。
でも、ちゃんと聞こうとはまだ思えません。聞いたら泣きそうなので。

活動休止ということ自体もショックだったんだけど、
それよりも、いきなりだったことに大きな衝撃を受けてしまいました。

ライブの模様を伝えてくれていたブログの記事もとても楽しそうで、
とても盛り上がっていたので、そんなのを見ていたから、
急に奈落の底に落とされたような気持ちになりました。

いきなり別れを告げられるとこういう気持ちになるんだなって。

今回のツアーが最後になってしまうわけだけど、
東京公演は仕事とぶつかっていくことができなくて、
なので、今年の夏に発売されたアルバムに初めて入った曲たちを、
彼らの生演奏で聞くことはできなくなってしまったのでした。

実は、新潟の公演が日曜日で、その日は休みだったので、
遠いけど行こうかどうか検討したんだけど、
ライブ会場が駅から遠かったこともあって、その日のうちに帰れそうもなくて、
なので、結局行かないと決めてしまったのでした。

ああ。まあ、しょうがないな。

で、ブログ本体にも書きましたが、
本人たちも言っているけど、やっぱりバラバラ感というか、
そういうものは普通に感じることができたわけで、
自分自身もそれが不安なところでもあったのでした。

不安というのは、それが果たしてファンなのかと。

というのは、ROCK'A'TRENCHに初めて出会ったのは2009年のめざましライブでのことで、
そこで演奏された「旅人」という曲にすごく惹かれたのでした。

それから、彼らの音楽をmoraとかで購入していったんだけど、
彼らの初期の楽曲はSKAを取り入れたものが多くて、
その音楽がまさに自分の琴線に触れた感じだったのでした。

ただその音楽性は徐々に変化していって、
作曲者によって大きく暗示の違う楽曲が提供されるようになりました。

それまでの、山森楽曲や畠山楽曲が、まさに自分の好みに合致していて、
一方で、オータケ楽曲はどうなのかみたいな感じに自分ではなってきて、
彼らROCK'A'TRENCHの提供する曲すべてが好きなのがまさにファンなのであって、
作曲者によって好き嫌いを出すのは、果たしてどうなのかと。

それが自分の抱えていた不安でした。
ROCK'A'TRENCHいいよ!って言っておきながら、すべてが好きじゃないってどうなんだって。

でも、その気持ちが大きく変わったのが「言葉をきいて」という曲だったのです。

この曲はオータケさんが作った曲で、この曲が何とも素晴らしい、
カラオケで歌った時にはちょっと泣きそうになってくる、それだけ素晴らしい。

そして、今年の9月に新宿で行われたフリーライブで、
自分はボーカルの山森さんの方を見ていたわけですが、
そのちょうど後ろでオータケさんがドラムをたたいていて、
いつの間にか、自分の目はそのオータケさんに向けられていて、
その気迫ある演奏の様子に見入っていたのでした。

まさにその時に、ようやく自分はROCK'A'TRENCHファンになったのでした。

山森さんも畠山さんもオータケさんも、もちろん、河原さんも豊田さんも、
みんなのことが好きだと胸を張って言えるようになったと。

そう思った矢先の活動休止発表だっただけに、ショックが大きかったわけです。

それまでは、確かにバラバラだと思っていたけれど、
それがバラバラじゃないんだって思うようになったのに、
彼ら自身から「自分たちはバラバラでした」って言われちゃって、
もちろん、バラバラじゃないなんてのはこちらが勝手に思っているだけなので、
彼らには彼らなりの考えがあるわけですけど、
ある意味、自分にとってはタイミングが最悪だったわけです。


まあでも、今はまだライブが終わっていないので、
ROCK'A'TRENCHはまだ動き続けていて、それを見るとちょっとホッとします。

これから先、彼らがそれぞれどういった活動をしていくのかわかりませんが、
昔だったら、山森・畠山の2人しか追わなかっただろうけど、
今はみんなを追っていきたい気持ちなのでした。

また復活してほしいよね。無理だろうけどさ。

長々と失礼しました。
posted by KEIN at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ROCK'A'TRENCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

11.14-11.20の1曲

先週の朝の1曲たち

11.14 MON  DREAMS COME TRUE「銀河への船」
11.15 TUE  RIP SLYME「太陽とビキニ」
11.16 WED  GLAY「RHAPSODY」
11.17 THU  
11.18 FRI  GLAY「My Private “Jealousy”」
11.19 SAT  GLAY「THE BIRTHDAY GIRL」
11.20 SUN

先週はGLAYの新曲が発売されたということで、
周の後半はGLAYで集めてみました。

で、新曲のタイトルは「My Private “Jealousy”」ということで、
これで「ジェラシー」って読むんだーって感じだったんですが、
その発売当日の1曲となった歌が「RHAPSODY」。

なんという偶然か、この「RHAPSODY」の歌い出しは、
 Oh ジェラシー この世界に渦巻いているジェラシー
っていうんですよね。

なので、この曲が流れた瞬間に、
すげーって思ってしまったのでした。

まあそうやって、歌詞に使われる言葉ってのはけっこうかぶっていて、
このアーティストはこの言葉が多いなってのありますよね。

GLAYだと「ゆるぎない」って言葉を何度か聞くことがあって、
もちろん、あちこちに出てくるわけじゃなくて数曲なんだけど、
でも、あんまり使うような言葉じゃないと思うから、
頻度としては多いんだと思うんですよね。

そんな言葉ってみなさんの好きなアーティストにはありますか?

「等身大」とかさ、そういうのが多い人もいるよね。

わざと重ねている人もいるんでしょうね。
関連させているというかね。

そんなところに注目してもおもしろいですね。
posted by KEIN at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝の1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

11.7-11.13の1曲

先週の朝の1曲たち

11. 7 MON  
11. 8 TUE  w-inds.「IT'S IN THE STARS」
11. 9 WED  RIP SLYME「Dandelion」
11.10 THU  RIP SLYME「フォーチュン・クッキー」
11.11 FRI  BUMP OF CHICKEN「ホリデイ」
11.12 SAT  
11.13 SUN

いつもランダムお送りしている朝の1曲ですが、
同じ曲が出るのもなんだと思ったので、
ランダムが初期化されないようにとがんばってみました。

長時間放っておくと、電源が完全に切れてしまって、
ランダムが初期化されてしまうのです。

ということで、先週くらいから休みの日もウォークマンをいじって、
途切れないようにがんばっていたんだけど、
先週末にその操作を忘れたので、あっさり戻ってしまいました。

ウォークマンには現在のところ1100曲ちょうどが入っているんだけど、
だいたい350曲くらいの連続再生ができていました。

まあでも、今週にはGLAYの新曲が発売されるので、
それをウォークマンに入れると初期化されていしまいますから、
数日の差だったんですけどね。

あ、こんな事書くよりも、ダンデライオン話すればよかったですね。

まあ、またいつか流れるでしょうから、
またその時に書くことにします。

ではまた来週!
posted by KEIN at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝の1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

10.31-11.6の1曲

先週の朝の1曲たち

10.31 MON  ポルノグラフィティ「ヴォイス」
11. 1 TUE  RAG FAIR「あさってはSunday」
11. 2 WED  ポルノグラフィティ「この胸を、愛を射よ」
11. 3 THU  GLAY「週末のBaby talk」
11. 4 FRI  DREAMS COME TRUE「ケロケロ」
11. 5 SAT  
11. 6 SUN

うーん、さっそく書くことがない感じのラインナップですね。

先週はメジャーな歌が少なかったですねー。
一番知られているのは「ヴォイス」かな?

そうやって、あんま知らない歌がどっさり入っているので、
他の人に聞かせるようにはなっていないわけで。

たまにしか車を運転することはありませんが、
その時に自分の好きな歌を流したいわけだけど、
他の人が乗っているときには、そのままウォークマンを流すのもどうかと。

でも、ラブハンドルズとかROCK'A'TRENCHとか、
そこでみんなに聞いてもらえるってチャンスでもあるんですけどね。

あ、ラブハンドルズについては、応援サイトができたみたいで、
いろいろと彼らのいいところが紹介されているページもあるので、
ちょっと見てみてくださればと思います。
 http://yokaban.xsrv.jp/lovehan/fr/bgdmfr.pdf

ホントにいい声してるんですよ。
歌もいいんだけど、若林さんの声がけっこう好きです。

ぜひともよろしくお願いします。m(__)m
posted by KEIN at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝の1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。