2011年11月23日

ROCK'A'TRENCHまとめ

ROCK'A'TRENCHが活動休止すると発表されたのは昨日のこと。

あれから頭の中をROCK'A'TRENCHの曲が流れ続けています。
でも、ちゃんと聞こうとはまだ思えません。聞いたら泣きそうなので。

活動休止ということ自体もショックだったんだけど、
それよりも、いきなりだったことに大きな衝撃を受けてしまいました。

ライブの模様を伝えてくれていたブログの記事もとても楽しそうで、
とても盛り上がっていたので、そんなのを見ていたから、
急に奈落の底に落とされたような気持ちになりました。

いきなり別れを告げられるとこういう気持ちになるんだなって。

今回のツアーが最後になってしまうわけだけど、
東京公演は仕事とぶつかっていくことができなくて、
なので、今年の夏に発売されたアルバムに初めて入った曲たちを、
彼らの生演奏で聞くことはできなくなってしまったのでした。

実は、新潟の公演が日曜日で、その日は休みだったので、
遠いけど行こうかどうか検討したんだけど、
ライブ会場が駅から遠かったこともあって、その日のうちに帰れそうもなくて、
なので、結局行かないと決めてしまったのでした。

ああ。まあ、しょうがないな。

で、ブログ本体にも書きましたが、
本人たちも言っているけど、やっぱりバラバラ感というか、
そういうものは普通に感じることができたわけで、
自分自身もそれが不安なところでもあったのでした。

不安というのは、それが果たしてファンなのかと。

というのは、ROCK'A'TRENCHに初めて出会ったのは2009年のめざましライブでのことで、
そこで演奏された「旅人」という曲にすごく惹かれたのでした。

それから、彼らの音楽をmoraとかで購入していったんだけど、
彼らの初期の楽曲はSKAを取り入れたものが多くて、
その音楽がまさに自分の琴線に触れた感じだったのでした。

ただその音楽性は徐々に変化していって、
作曲者によって大きく暗示の違う楽曲が提供されるようになりました。

それまでの、山森楽曲や畠山楽曲が、まさに自分の好みに合致していて、
一方で、オータケ楽曲はどうなのかみたいな感じに自分ではなってきて、
彼らROCK'A'TRENCHの提供する曲すべてが好きなのがまさにファンなのであって、
作曲者によって好き嫌いを出すのは、果たしてどうなのかと。

それが自分の抱えていた不安でした。
ROCK'A'TRENCHいいよ!って言っておきながら、すべてが好きじゃないってどうなんだって。

でも、その気持ちが大きく変わったのが「言葉をきいて」という曲だったのです。

この曲はオータケさんが作った曲で、この曲が何とも素晴らしい、
カラオケで歌った時にはちょっと泣きそうになってくる、それだけ素晴らしい。

そして、今年の9月に新宿で行われたフリーライブで、
自分はボーカルの山森さんの方を見ていたわけですが、
そのちょうど後ろでオータケさんがドラムをたたいていて、
いつの間にか、自分の目はそのオータケさんに向けられていて、
その気迫ある演奏の様子に見入っていたのでした。

まさにその時に、ようやく自分はROCK'A'TRENCHファンになったのでした。

山森さんも畠山さんもオータケさんも、もちろん、河原さんも豊田さんも、
みんなのことが好きだと胸を張って言えるようになったと。

そう思った矢先の活動休止発表だっただけに、ショックが大きかったわけです。

それまでは、確かにバラバラだと思っていたけれど、
それがバラバラじゃないんだって思うようになったのに、
彼ら自身から「自分たちはバラバラでした」って言われちゃって、
もちろん、バラバラじゃないなんてのはこちらが勝手に思っているだけなので、
彼らには彼らなりの考えがあるわけですけど、
ある意味、自分にとってはタイミングが最悪だったわけです。


まあでも、今はまだライブが終わっていないので、
ROCK'A'TRENCHはまだ動き続けていて、それを見るとちょっとホッとします。

これから先、彼らがそれぞれどういった活動をしていくのかわかりませんが、
昔だったら、山森・畠山の2人しか追わなかっただろうけど、
今はみんなを追っていきたい気持ちなのでした。

また復活してほしいよね。無理だろうけどさ。

長々と失礼しました。


posted by KEIN at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ROCK'A'TRENCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

らしさって難しいね その3


で、そのらしさってのを考えたときに、
最近好きになったROCK'A'TRENCHはどうだろうかと。

彼らは自分たちで曲を作っているから、
完全に回り次第ってことはないんだけど、
それでも、売り方の戦略というかそういうことなのか、
やっぱりちょっと変わってきている感じなのかなーと。

もともと、彼らのバンドの前身となったバンドは、
SKA SKA clubというスカバンドなので、
そのスカの感じがけっこう強かったと思うんだよね。

それがちょっとずつ減ってきているのかなと感じたりするんだけど、
でも、まだまだ大丈夫だろうと思っているのは、
最新曲にはレゲエの要素が取り入れていて、
まだ彼ららしさが残っているのですよね。

ROCK'A'TRENCHというバンド名は、
ジャマイカのレゲエミュージシャンのボブ・マーリーの曲である「Trench Town Rock」というのに由来しているんですよ。

なので、そういうところをいつまでも残しておいてほしいなって。

でも、一方で一般受けしそうな曲も作られているわけですね。

やっぱり、スカとかレゲエでは、
爆発的に曲が売れるってことはないんじゃないかと思うんだな。

なので、けっこうポップな一般受けしそうな歌も作ってるわけで、
彼らを有名にした「My Sunshine」はその1つかなと。

その後に出た「言葉をきいて」なんかもそうかな。

もちろん、いろいろなパターンの曲が出てきた方が飽きも少なくなるし、
そのバランスをどう保っていくかってことになるんだと思うんだけど、
だんだんと後者が多くなってきちゃったらおしまいだろうなって。

そうならないことを願っているのです。

有名になればなるほど、らしさは失われてしまうのではないかと、
ちょっと心配なんだよね。

そんな俺も、結局は「My Sunshine」から聞くようになったわけで、
まあ、びびっと来た曲は「旅人」ですけど、
別に古くから知っているわけではないから、
知ったようなことを言うなって感じだと思いますけどね。
posted by KEIN at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ROCK'A'TRENCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

Steady Rock Vol.6

ってことで、先日5月20日に赤坂BLITZで行われたROCK'A'TRENCHのライブの詳しい感想を書いてしまいます。

今回のツアーのタイトルは「春のライライラライツアー2010」ってことで、
少し前にはやった「藤崎マーケット」のギャグか?と思っちゃいますが、
今度発売される両A面シングルの「ビューティフル・サン」の歌詞にこの言葉が出てくるのです。

正確には、歌詞は出てこないけど、そうやって歌うとこがあるのね。
曲を聴いた人にしかわからないタイトルになっとるのです。

さて、今回のライブですが、まずはオープニングがかっこよかったですね。

ライブハウスなんで、でっかな画面が置いてあるわけでもないから、
何らかの映像を流すってことにはならなかったんだけど、
まだ誰もいないステージ上のそれぞれの立ち位置に順番にスポットライトが当たって、
そのたびごとに会場に音楽が流れるわけですが、
たぶんそれがそれぞれのfavorite songなんでしょうね。

あの演出はかっこよかったなー。

ライブハウスだけあって、ステージと客席は近いので、
今までもGLAYやBUMP OF CHICKENのライブで近いことはあっても、
あそこまで近いことはなかったわけですよ。

そこですごく感じたのは、目力がすげー感じられたってこと。
気迫も感じられるけど、最後は疲れも感じられちゃった。

でも、本人たちがすごく楽しんでいるのもよくわかったけどね。

まだまだライブそのものとしては発展途上かなーとも思った。
観客とのスタンスというかそれがなんか微妙でね。

受けるところは受ける、流すところは流す。
そうやってメリハリがあるとうれしいかなって思いましたね。

まあ、逆に言えば、そこまで線引きがされていなくて、
内輪でやるライブの雰囲気がまだ残っている感じかなって。

それはそれで同じ目線でいるってのがうれしいかも。
大きい会場になったら変わっていくんでしょうね。

まあだからということもあってか、
なんか終わりもピシッとしまる感じではなく、流れ解散的な。

まあ、だからといって特に不満があったというわけではなくて、
またすぐにでも行きたいと思ってしまうわけだよね。

あ、中身的には、
畠山さんのトロンボーンが生で見れたのがうれしかったのね。

あとは、ROCK'A'TRENCHの曲の中で一番すきなのが「旅人」という曲で、
それは今回は演奏されなかったので、次はぜひともお願いしたいですね。

まあ、GLAYのときも「SOUL LOVE」聴けたの遅かったしなー。
BUMP OF CHICKENの「グロリアスレボリューション」も4回目でした。

でも、初めてROCK'A'TRENCHのライブを見たときに「旅人」は聞いてるのか。
てか、それで好きになったんだもんね。

ということで、まだまだこれからもがんばってもらいたいです。
posted by KEIN at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ROCK'A'TRENCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。