2011年02月04日

らしさって難しいね その4

この「らしさ」問題なんだけど、
w-inds.やAAAが変わってきたことを感じて、それで考え始めたところでもあるんだけど、
実は、最初のきっかけになったのはBUMP OF CHICKENなんだよね。

彼らは、最新のアルバム「COSMONAUT」を昨年12月に出したんだけど、
それに対する、あるコメントを見て、そういうことを考え始めたのです。

で、なんて書いてあったかというと、
誰かのブログかなんかのコメントだったと思うんだけど、
次のようなものでした。


昔は自分のことを歌っていたからよかったけど、

今は説教しているようだからいやだ。



何度も書いていますが、BUMP OF CHICKENについては、
メロディーがもちろん好きではありますが、
歌詞に興味を持ってより深く聞き始めたということもあって、
彼らの音楽性=歌詞の音楽性ととらえているのです。

で、歌詞はメロディーよりもずいぶんと変わりやすそうで、
若いときの詞と今の詞ではずいぶんと変わってくるでしょうね。

たしかに、かつての藤君の歌詞というのは、
自分たちのことを言っていたといわれればそうだよね。

前に書いたことがあるかもしれませんが、
「グロリアスレボリューション」の「実は飛べるんだ…」のくだりからの、
「Stage of the ground」の「飛ぼうとしたって飛べないって…」のくだりにいたる話とか、
「バトルクライ」の「大言壮語もはいてやろう…」のくだりからの、
「リリィ」の「大言壮語も吐いてやろう、そういう歌も唄った…」のくだりにいたる話とか、
どちらも自分自身のこと。

でも、最近は、
「生まれたらどうか生き抜いて」だとか、
「終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる」だとか、
これは自分自身に言っていることなんでしょうかね。

だからということもあってか、
かつての歌の歌詞は、聴いててけっこう理解しやすかったし、
すぐに中に入ってくる感じがあったんだけど、
最近のものはちょっとわかりにくくて、何回か聴くとようやくわかる感じ。

まあ、若いときには単純だったけど、
だんだんと複雑になってきた、いろいろ考えるようになってきた、
そういった、まさに「成長」が見られるということかもしれませんが。

まあでも、ラジオを聞いていると、相変わらず彼らはまだまだ「子供」で、
そういうものがあり続けるかぎり、
彼らの音楽もいつまでも聴き続けたいと思うんだろうなーと思っているのでした。

以上、知ったようなことを書きました。


posted by KEIN at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | BUMP OF CHICKEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

メロディーが消えるのか

先日、BUMP OF CHICKENの新しいアルバムが発売されまして、
もちろん火曜日に手に入れてきたんだけど、
結局、じっくり聴けたのは水曜日なのでした。

で、彼らの曲に限っては歌詞を読むってのは、
いつか前に書いたことがありましたが、
なので、今回も歌詞カードを目の前において鑑賞しました。

それで持った感想は、
何か今回のアルバムはそんなにノリノリな曲はなくて、
静かな曲が多いなーってことだったのでした。

でも、そんなはずはないだろうと。

ということで、今度は料理しつつアルバムをかけてみたら、
やっぱり、いいテンポの曲が結構あるし、好きなリズムの曲もあるし。

歌詞がけっこう考えさせられてしまうので、
それに集中していると、あんまりリズム的なものが入ってこないんだなーと。

GLAYとかでも歌詞カード見ながら聴いたりするんだけどね。
やっぱり、リズムの方に意識がいってるんだろうな。

ベース音なんてほとんど頭に入ってこなかったもん。
チャマ、ごめんね。

でも、今も流しながら書いてるんだけど、
重低音がいつものように響いていますよ。

チャマの音が主張してこないわけないのですよ。

GLAYのライブとか行くと、
俺はどんな曲でもバラードでも体が動いてしまうのですが、
他の人はじっとして聴いてたりするんだよね。

あれがちょっと信じられないというか、
ほんとに聴いてるのか?とか思っちゃってたんだけど、
歌詞にどっぷりはまってたらそうなるのかもね。

ただ、どっちかってことでもないと思うんだな。

GLAYでも、歌詞の中身がすげー好きなのあるし。
それでもリズムに乗れるわけでね。

別に、ぞれぞれの聴き方があるので、何が良いというわけではないけどね。

来月はGLAYのライブがあるんだよね。
今から楽しみだなー。

このペースだと、BUMP OF CHICKENの方も来年はありそうかな。
ぜひともお願いしたいね。
posted by KEIN at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | BUMP OF CHICKEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

ホームシップ衛星〜inさいたま

ということで、「ホームシップ衛星」2度目行ってきました。

帰りは新宿まわりで帰ってきたんだけど、
あれからまた京王線で人身事故が起きたらしく、また遅れてました。

今回は2度目ということで、けっこう気持ちにも余裕があったんだけど、
いやー、いろんな意味で予想をはるかに超えてくれました。

やっぱり行ってよかったー!

今回はネタバレ満載でお送りしますが、
まず、さいたまの300レベルってことで遠いかなて思ったんだけど、
けっこう近くに感じられましたね。

最前列だったので、目の前に広がる会場の様子はすばらしかったです。
上から見下ろしていると、なんだか星空を見ているみたい。
まさに「プラネタリウム」な感じでした。
(でも、今回も「プラネタリウム」はやってくれなかったんだけど…)

で、まずはオープニングってことで、
「ホームシップ衛星」では、オープニングの映像が流れてるんだけど、
これはこの間発売されたDVDのとほぼ同じなんだよね。

でも、やっぱライブ会場で見ると違いますね。
あの感じはテレビ画面で見ても感じられないよなー。

ということで、前回と同じく「メーデー」で始まったわけだけど、
3曲目に「ラフメイカー」が来てびっくり。
まさか聞けるとは思っていなかったので。
次はぜひとも「バトルクライ」やってもらいたいですね。

で、いつも藤君は歌詞を少し変えて歌ってくれるんだけど、
今日はそれが結構多かったかなーって。

その中でも一番感動したのは「花の名」でした。

けっこうな部分を変えて歌ってくれたんだけど、マジ感動した。
泣きそうになったよ。てか、ウルウルまできた。

曲聞いて感心することはあるけど、感動したのは初めてかも。
それだけすばらしいメッセージをくれました。ありがとう。

で、前半終了は「flyby」で。
幕張ではなかった曲目なので、かなり驚きました。
驚きすぎて手を挙げるのを忘れてしまった。

そして、なんといってもアンコールですよ。
今度のアルバムに収録される「プレゼント」を演奏してくれました。

新曲やってくれたのは初めてだったので、これまた驚きました。

しかも、この「プレゼント」は聴いたことのあるあの曲のアレンジ。
昔のアルバムから聞いている人にはぜひとも聴いてほしいなー。

新アルバム「present from you」は6月18日発売です。
この1曲のためだけに買う価値ありだと思います。

ってことで、ホントに行ってよかった2回目。
いや、2回目じゃないですよ。
今日は今日でまた新たなライブだったわけですから。

2回目だなんて思っていたなんて彼らに申し訳ないです。
ホントありがとうございました。
posted by KEIN at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | BUMP OF CHICKEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。