2011年02月04日

らしさって難しいね その2

「らしさ」の話というときに、
たとえば、俺はw-inds.が好きなんだけど、
彼らの最近の音楽は昔のとは違ってきたよね。

彼らが大人になってきたからってのもあるよな。

ダンスもアメリカナイズされたかっこいい系のになってきていて、
それに合うようなマイケル・ジャクソン的な、そんな音楽になってきたもんね。

実際、彼らもそういう音楽やダンスをやりたいかもしれないから、
そうだとしたら、それは喜ばしいことなんだけど、
まあ、俺の好きな音楽ではなくなってきたわけだよね。

同じようなのがAAAで、彼らの曲も昔のは好きだったけど、
最近は小室哲哉が関わってくるようになってきたこともあって、
かなりしっとりな音楽も増えてきたでしょ。

まあ、どちらも自分たちで曲を作っているわけじゃないから、
ある意味、周り次第だからね。

つまりは、売り方次第ってことになっちゃうのかなって。

その2組の音楽性が変わってきたことを感じたので、
そんなことを思うようになったのでした。

わかったようなことを言ってすみません。


posted by KEIN at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。